高尾山へ行ってきました

先日娘の引っ越し応援で、我が家の家電・住設担当として東京へ。照明、温水洗浄便座取付、エアコンの手配などをしてきました。

昼過ぎまで時間に余裕があったので、京王本線沿線であることをいいことに、ここぞとばかり高尾山へ行くことに決め朝早くから行動開始!

というのもさらにこの機会に立ち寄りたいところがあったんです。それは高幡不動とその周辺。実はかれこれ30数年前に1年だけ高幡不動に住んでいました。

よく世話になった駅そばのコロッケそばを朝食に、東京での4年間の下宿生活をしみじみと懐かしみます。

その後、高尾山ケーブルカーで山頂へ。時刻表にない始発前の臨時便?なのか、麓の清滝駅を7:51ごろに出発しました。予備知識なく乗ったのですが、このケーブルカーなかなかのもので、日本一の急傾斜を体験できます。これだけでも鉄には来たかいがありました。

駅⇔山頂は往復のルートを変えて楽しみます。行きかう人々の表情やお話からも、日ごろから親しみ愛されている山なんだと実感できます。

都内へ戻る途中に、八王子市街も探索。日曜朝10時をまわったころで、そろそろ人が集まり始めてはいましたが、まだ並ぶことなく八王子市民熱愛の都まんじゅうをゲットできました。この後のスケジュールを考えると、午後にむけ肝心の引っ越し応援が待っていて、一気にタイトになることが予想されたのでこちらを土産に充てることにしました。

それで結局のところは案の定、午後は新宿での買い出しや家電設置などバタバタで、帰りの新幹線は終電前の姫路行きのぞみとなってしまいましたが、娘の東京での暮らしが自分の若い時と重なり、東京で生活を始める時に4月に亡くなった父が忙しいなか手伝いに来てくれたことをしみじみと思い出してもいました。

家族は永遠につながっていると感じています。 ありがとう。   y.terai