ガス瞬間湯沸かし器で出湯温度を低くすると停まってしまう・・・

2022年10月09日

おうちでガス瞬間湯沸かし器を使っておられる方へ。

熱いお湯は出るのにぬるくしようと調整したらあるところを境に急にストップしてしまうなんてことはないですか?

この場合、原因は水道側かもしれません。特におうちの築年数が古くかつ一度も水道管の取り替えをしたことがないとなればかなり怪しいといえます。

水道管が鉄製だと、どうしても管内に錆が発生してきます。その錆は時が経つにつれ雪だるま式にさらに大きくなっていき、それが徐々に水の流れを悪くしてしまいます。

そしてガス瞬間湯沸かし器は構造上ぬるくすればするほど水量を必要とするので、その水量が確保できなくなった時点で安全のために停まってしまうのです。

実はかくいうわたしも知ったのはつい最近です。お客様宅でそのようなことがあり、メーカー技術相談に聞いて初めて腑に落ちました。

これからはいままで以上に納品前にその商品の設置に必要な環境面が整っているかをしっかり確認していこうと思います。   y.terai

テレビ放送が映らない、アンテナ?それとも・・・

2022年10月07日

「テレビ放送がとうとう映らなくなった。数か月かけ徐々に乱れがひどくなった末にそうなった。」とのご依頼を受け訪問。

ご新規なので全く見当はついていませんでしたが、手順にそって問題はテレビなのかアンテナなど設備なのかを切り分けることから始めます。それでまずテレビにつながっているテレビターミナルのアンテナ入力レベルを測ってみると潔く見事に0!なので原因はテレビでなく、アンテナからテレビターミナルまでのどこかに不具合が生じているのだろうとなりました。

おうちは有名ハウスメーカー3階建て、築20~30年というところかな?テレビ放送は大屋根に立つ アンテナで受信していて、そこまでは3階バルコニーから作り付けのハシゴで上がれそのうえ屋根自体も平屋根だったのでその点は助かりました。それで大元のアンテナの入力レベルを地上波、BSともに測ってみたところ、どちらも充分な数値がありました。そうなると経験からある程度の察しはつきます。そうここで肝心なのはアンテナポール下部設置の地上波・BSブースターの入力側にDC15Vがきているかになります。ウ~ン残念ながらテスターの針は振れません。ブースターはおうちが建った当時からのもの、ただしそれ以上に輪をかけて怪しいのがアンテナから建物引込口まで平屋根を転がっているケーブル線でした。写真の通り経年劣化により被覆が大きくはがれそこの髭部分がちぎれてしまっています。これでは映らなくて当然・・・

それを見て久しぶりに他所で以前遭遇のゾッとした出来事を思い出してもしまいました。そこはかなり古いアパートで、そのスレート葺き大屋根にあがってみたら、100V電気が流れているに違いないVVF線の二重被覆が相当範囲はがれ、なんと丸裸の銅線があられもなくむき出しになっているではありませんか!それも複数箇所にわたり・・・

最近の信頼性高いメーカーのケーブル線は耐候性に優れていると信じていますが、アンテナ工事にしろ電気工事にしろ、他工事にしても必要な材料の質を充分に吟味し選んで使わないと事故につながりかねないなと改めて強く感じ、肝に銘じるよい機会ともなりました。       y.terai

電温リモコンがおかしい・・・そういうことだったのか・・・

2022年10月07日

「7年前に設置させていただき時間帯別電力契約でお使いいただいている「三菱」丸形電気温水器のリモコンの時計表示が出なくなり操作も一部しかできなくなった」とのご用件でお伺い。

他社で浴室リフォームをされているところで、数時間電温のブレーカをおとした後からとのことでした。

各所点検しても不具合はみつからず、店にたまたま同じタイプの中古リモコンがあったので取り替えてみても改善せず。困った末に現場から三菱技術相談へTEL。そうすると思ってもみなかったことがわかりました。

停電含め長い時間通電せずにいると、電気温水器本体が初期設定の深夜電力契約モードに勝手になってしまうことがあるとのこと。そのまま時間帯別で使い続けていたら数日後にそちらに戻るであろうとのことでしたが、不確定ゆえすぐに戻す方法を聞いたところ、電温本体組み込み制御基板にリセットボタンがあり、そこを5秒間長押ししてくださいとの説明を受けました。

さてさて実行!あらら当たり前のように元に戻りました。幅広く奥深い家電および住設品の世界。何年経っても終わりはなさそうです。  y.terai

できること、そしてできなかったこと

2022年05月07日

この写真は何を写しているかといいますと、システムキッチン天板裏の水栓を取り外した後です。

取り外す前の古い水栓は開けるとカートリッジ部からジッワーと水漏れして周りに広がっていたのですが、タオルを巻いてしばらく凌いでおられました。

その結果、ステンレス天板裏の補強板がコルクのような素材であったこともありボロボロに崩れ落ちステンレスの地まで出てくる状態になってしまったのです。

このままでは新しい水栓は固定できず取り付けもできません。そこでスペースにあわせ厚めの木板を切り、ちょうどよい位置に天板穴よりひとまわり大きめの穴をあけ、それを重力に負けないよう強力両面テープで天板裏に仮付けします。そのようにしてようやく新しい水栓がしっかりと取り付けできます。

このようなことはいままでも経験しており今回も確実に済ませました。

次に残念ながらできなかったことです。テレビドアホンの入れ替えのご要望で呼ばれてお伺いしたところ、既設のテレビドアホンは「アイホン」製、親機で「MIWA」製玄関ドアの電気錠を開閉できるシステムに組み込まれていました。

それで自分なりに調べてみたのですが、「パナソニック」製テレビドアホンでは同様の操作ができず親機と隣接させ開閉ボタンを別に設置する必要があると結論づけてしまい、そうなるとお客様的には利便性が悪くなるので残念ながら「アイホン」製後継機を建築ルートでつけられたほうが間違いないとお勧めして引き上げてしまったのです。

それから一ヶ月ほどが経ち別件でお呼びがかかったので、件のおうちに本日お邪魔しました。すると玄関先でアレレ・・・でした。

「パナソニック」のテレビドアホン玄関子機がピッカピカに出迎えてくれたのです。宅内でことの顚末をお客様にお聞きしてみたら、どうも最上位のVL-SWH705であれば別売部材はいるのですが既設の電気錠に組み込めたようです。施工された業者さんも苦労して三度来られてようやく整ったとのことでしたが・・・

ただこれからも既設電気錠システムのなかでのテレビドアホンの入れ替えは出てくると多分に予想されるので良い勉強になりました。次の機会にぜひ活かしていきます。     y.terai

まさかの相性! パナソニック4KテレビTH-40JX750とイナバプラロックPR-350N(PR-351N-I)の組み合わせ

2021年07月08日

2011年完全地上デジタル化から早や10年!

当時は26型や32型で充分でした。

でもいまはすでに4Kも始まり画質が圧倒的に良くなったぶん、置ける限り大きなサイズのをかぶりついて見たい。そしてその迫力、臨場感を五感で楽しみたいものです。

といってもおうちのスペースには限りがある・・・

なので現実的にはいまお持ちのテレビが32型で4Kテレビへの買い替えをお考えなら、まず40型4Kテレビからご検討いただくのが妥当なのでしょう。

当時の液晶テレビは画面のわりに、枠やスピーカー、スタンドで幅や高さが上増しされ、外形寸法が大きくなっていました。

ですからいまある32型テレビの幅に少し足すだけで40型が置けちゃいます。

ただしスタンドの高さが随分と低くもなってくるので、設置状況によってはそこに要注意!

それで底辺の高さだけ簡単かつ安全にかさ上げしたいなら、活用できそうなのが以外にもエアコンプラロックであることを見つけちゃいました。

イナバPR-350N(PR-351N-I)は、その溝にパナソニック40型4KテレビTH-40JX750の脚がピッタリ収まります。それで8cmほどかさ上げできちゃうんです。おすすめは一体感もたせるのに、色を黒で合わせてPR-350N。

以上、まちの電器屋的意外な発見のお知らせです。    y.terai